FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
とりあえず1枚
ぐふふ


めずらしいコンビでしょ


お昼の出来事ですー^^

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

りくさん・・・えらく顔がでかく見えるけど 気のせい?(笑)
かいちゃんが 小顔なの?^^
でも これは・・こりは~~ええにゃ~猫団子
我家じゃ あんまないんで うらまやしいじょ!!
にょほっ♪
さっそくの猫団子じゃないの~
やっぱり寒い冬はいいですのぅe-446
かかしとうたも続けぇ・・・・は諦めてるわ(笑)
杏、頼むよー
ペッタリくっついてる~♪♪
寒いのも悪くないね(#^.^#)
わ~凄い
かい君とりく君 ピタッとくっつてる
こんな可愛い姿見ると 嬉しいですね!
かい君がりく君に甘えてるように見える~(*´ω`*)
フッサーラさんのあんよのハミ毛は大好物ですw
普段はこの組み合わせは、下僕2とドン子の添い寝くらい
て珍しい事なのかなw?
いや~ん、かわいいv-10
りく君、イケニャンだね~
花あじさいさん♪
おっかしいな?りくは小顔なんだけど(^^;
かいたろう、やっぱり4キロ台だわ。まだまだ子猫サイズ(我が家では)
うちでもめったにない(いや、初めてかも?!)ので鼻息あらく写真撮ってみましたよ!!
kotoさん♪
日本を覆う、大寒波がこんな猫団子をプレゼントしてくれましたよ~♪
部屋をあんましあっためない過ぎないのがミソよ☆寒いけど。
あ、でもこの団子の作り方はkoto家のやり方を参考にしたのよ^^*
ぴょここさん♪
ほんとに(^^*
こんなにぺったりくっついてるのは初めてかも・・てくらいレアです!
ちなみにこのお尻側にはそらもいたんですよ~
milk☆さん♪
もう大喜び^^
かいたろうさえ心を開けばこんなのもすぐできると思うんですが・・
いかんせん天の邪鬼(~へ~)
いっつもこれくらい甘えてくれるといいんですけどね~
下僕さん♪
そうなんです。そら&りくの添い寝は日常なんですが
かいと○○の組み合わせは激レアなんです!!
下僕2さんにドンちゃんがぴっとり寄り添ってる感じですかね
しかもこのかいたろうの甘えっぷり。たまらんっ

このはみ毛のおかげで かいたろうよくすべってジャンプ失敗してます(^^;
おでぶにゃんこさん♪
!さすがおでぶにゃんこさんお目が高い!!
りくってよかにせ(=イケメン)なんです~^^
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

これはかいさんですか?
りくさんと一緒に寝てますね
仲良し、じゃないのかな?

うちでこう言う形が見られるのは
そら、りーのコンビくらいです
トイは布団に潜るのも嫌がるので
( p_q)エ-ン
かい君とりく君がくっついてる(^^)
こうして寄り添ってくれる姿を見ると
幸せになりますよね。
しかしながら結構どこもくっつかないものなんですね(*_*)
そう考えるとうちは恵まれてるんだなと思えます♪
あら、めずらしい!
そのころ、そらくんは??
トイトイのママさん♪
こんにちは^^
うちもママさんとこと一緒でフツーはそら&りくのコンビなんですが
この時はミラクルでりく&かいでした!

仲が悪いっていうか、かいたろうは一匹狼タイプで(^^;
なのでこうやって寄り添う姿はめずらしいんですっ
寒いのはやだけどこういうのがあると冬っていいな。って思います~
沖縄ももっと寒ければチャンスあるかもですよ!
だやんさん♪
意外と猫団子ってむつかしいんですよね。。
そらりくは兄弟だから仲良しだけどかいたろうは主張が強くって(~o~)
だから「そら猫」さんとかのそら猫だんごとか奇跡!!って思います。どうやったらあんなに仲良くなるの~~
だやん家も団子派ですか? ぅらやますぃ。。
ちぽさん♪
めずらしいでしょ(#^.^#)
そらはお尻付近にくっついてたんですよ~
実は3猫団子だったのだっ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
登場人(猫)物

ちげ**

Author:ちげ**
南国、鹿児島は霧島で
おっと(まーくん)+3にゃんずと過ごす毎日。

そら
sora_20091012125232.jpg
りく
かい
kai_20091012125232.jpg
カテゴリ
月別アーカイブ
コメントありがとうございます♪
メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文: